失敗しない、卒業パーティー企画のコツ


0213 05 失敗しない、卒業パーティー企画のコツ

年越しを終え、2015年と言う言葉も耳に馴染んできた頃かと思われます。

4月から再スタートを切る方も多く、後少しで卒業シーズンです。
卒業式の後に、打ち上げや卒業パーティーを開催される学生さんも少なく無いはず。

今回は、卒業パーティーを成功させるためのコツをご紹介します。

前持った準備、企画が鉄則。

0213 06 失敗しない、卒業パーティー企画のコツ
卒業式は3月中旬~後半に執り行われる事が多く、今の段階で企画をするのは少し早いと感じる方も多いはず。

ですが、会場の予約・時間帯・集客人数など、前もって確認したり余裕を持って行動しないと望み通りのパーティーを開催出来ない可能性も
あります。

また、企画幹事を務める方は複数人の方が良く、不測の事態やあらゆる
可能性を考えて企画を進める事
がとても大切です。

分担と順序の確認が成功のコツ

複数人で企画をすると、手違いや伝え漏れが起こってしまいがちです。
情報の伝達、パーティーに向けての順序を全員が把握して役割を分割することがとても大切です。

では、ここで簡単な企画と成功させるためのコツをご紹介します。

1日時・招待客・予算と会費

まず、パーティーを開催する日にちを決めます。
卒業式と同日に執り行うか、後日にするのか。
卒業式の日にちを確認し、最も人が集まりやすい日を決定すると良いでしょう。

招待客は、口頭での確認ではなく用紙に名前の記入をしてもらったり、同窓会サイトなどの出席確認コンテンツを利用してより正確に人数を把握することが大切です。

会費、予算は出席人数と大きく関わってくるので、全ての段取りを通して固まった値段を設定してください。
会費制の場合、主催者が40~50%負担するのが相場のようです。

2会場のリサーチ、形式、予約

パーティーの中で重要になってくるのが会場です。
立食なのか、着席なのかで会場の広さやレクリエーションなども変わってきます。

いくつか会場の候補を上げ、時間に余裕がある場合は予約の前に下見に行くと良いでしょう。

予算、人数、時間帯、全てにマッチする会場を抑えるのは困難な場合もあります、出来るだけ早く対応してください。
予約人数は出来るだけ正確な数字を。
多めの人数設定で予約してしまうと、ドタキャンされてしまった時の負担が大きくなります。

3プログラムの決定と料理の種類

0213 07 失敗しない、卒業パーティー企画のコツ
 
最も大切なのは、当日の会場の流れが崩れてしまわないこと。
楽しむ事が大前提なのがパーティーです、ブログラムの組み方や料理の
種類には気を付けてください。

進行役や当日のスタッフ、プログラムの進行時間帯を正確に共有
しましょう。

 
アルコール類は料理やソフトドリンクよりも重要視さるので、不足は禁物です。
話に夢中になってしまう参加者が多いので、料理は量よりも質が大事になります。

バリエーションと味の美味しさ、そして女性が居る会場では必ずデザートを用意してください。
料理の質が良い、バリエーションが豊富だったと言うだけでパーティーの思い出はとても楽しかった物になるはずです。

参加者が求めている事を把握すれば成功できる

参加者が、どんなパーティーを求めているかをきちんと理解した上で希望に沿った企画を心がけましょう。

お土産、当日の写真販売とうは思い出として重宝されます。
記念に残るものを選択してください。

ぎっちりとレクリエーションを詰めるより、自由な時間を多く作り、誰もが気を使わない雰囲気を作ることがとても大切です。

「卒業」という大きなイベントで、パーティーを通して全員の参加者に楽しかったという思い出を残せることが何よりの大成功です。

新しい一歩を踏み出すため、卒業パーティーで最高の思い出をつくろうとしているのは主催者も参加者も同じ。
背中を押されるような素敵な卒業パーティーを、あなたの力で作ってみては?

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。