【幹事必見!】祝賀・祝勝会を盛り上げるためのコツ


0213 011 【幹事必見!】祝賀・祝勝会を盛り上げるためのコツ

祝賀・祝勝会は、チームや社員の功績を称える特別なイベントですよね。
せっかくの表彰式を台無しにしないためにも、祝勝・祝賀会を盛り上げる演出のコツをお教えします。

ステージは派手にセット!

表彰式はステージづくりが重要です。
音響や照明などの設備・機材を活用して思い切って派手に演出しましょう。
「ドラムロールで効果音を使ったあとに表彰台を照明でライトアップ」といったような演出ならば、名前を呼ばれる受賞者と会場の出席者も盛り上がること間違いないでしょう。

祝賀・祝勝会をサプライズで演出するのもひとつのアイディアです。
思ってもみなかった盛大なお祝いは誰だって嬉しいものです。

表彰式が終わった後も演出は必要です。
特別なイベントですから「表彰式が終わったら普段の飲み会と一緒……」とうい状況は避けたいもの。
表彰式後は式に合ったBGM、写真のスライドショーを流すなどの演出をすれば、会場そのものが特別なものになるはずです。

余興での演出も忘れずに!

0213 021 【幹事必見!】祝賀・祝勝会を盛り上げるためのコツ
表彰式が終わった後は「余興」で演出すると祝賀・祝勝会はなお盛り上がるでしょう。
また、ボルテージが高まった会場での余興は、親睦が深まる絶好の機会となります。
ビンゴなどのパーティーゲームやカラオケなども企画しておくことをおすすめします。

余興の演出が決まったら、当日の余興がスムーズに進行するよう「3つの係」を用意することが大切です。

ひとつめは「サンプル係」です。
ゲームの場合、開始前に一度3人ほどでゲームのやり方を披露しましょう。
そうすれば、参加者も理解しやすく開始もすんなり行きます。

ふたつめは「サクラ係」です。
参加者の中に反応してくれる人がいるだけで余興のつかみは違ってきます。

最後は「エスコート係」です。
当日は、大人数の前でステージに上がることを恥ずかしがる人もいます。
そんな人にエスコートしてくれる人がいると安心です。
また、本気で余興への参加を嫌がる人の代打としての気配りもあればなお良いでしょう。

「ケータリング」が最大のカギ

0213 031 【幹事必見!】祝賀・祝勝会を盛り上げるためのコツ
祝賀・祝勝会を成功させるために最も重要なものが「食事」です。
どんなにBGMや余興が素敵でも食事メニューが台無しだとパーティー全体が台無しな印象になりかねません。
しかし、パーティー用メニューを個人で考えて作るのはとても大変なこと……。

そこで、おすすめなのが「ケータリング」です。
ケータリングならばコストパフォーマンスも高く、会場の準備時間を短縮できます。
Ricca Catering & Deliでは大人数向けのケータリングプランがあり、オードブルや前菜、メインディッシュなどを簡単に揃えることが可能です。
また、飲み放題付きのケータリングプランもありますので、食事に合うドリンクを考える手間も省けます。

なにかと面倒なことも多い食事の準備。
ケータリングを活用して少しでも負担を減らし、演出にチカラを注いでください。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする

コメントを投稿するにはログインしてください。