幹事さん必見!【気持ち良い送別会】にするために


0409 01 幹事さん必見!【気持ち良い送別会】にするために

春は別れの季節でもあります。会社では、退職や異動にともなう送別会が行われます。
退職者には在籍中の良き思い出として、異動者には新たな門出の出発として心温まる送別会にしたいものですね。
送別会のポイントについてご紹介します。

退職者をチェックする

まず、準備をしておくのは退職者をチェックし、退職日、人数、業務内容について下調べしておきます。
業務内容を知っておくのは送別会で退職者を軽く紹介するためです。

また、送別会の日程については、退職日が理想ですが、社内の予定と合わせて近隣の日に設定しましょう。
特に退職者と関わりが多かった人や、身近な上司の予定を中心に日程の調整が必要です。

送別会の料理を予約する

0409 02 幹事さん必見!【気持ち良い送別会】にするために

最近の社内の送別会では、ケータリングで料理を囲みながら立食会をするケースが多いようです。
ケータリングのメリットとしては、会をすぐに始めることができる点や、社員の予定を合わせやすいことが挙げられます。

ケータリングを注文する際には、きちんと予算を立てたうえで注文
しましょう。
予算は、会社によって経費として扱う場合以外にも、会費制として社員
から集める方法もあります。
どちらの場合においても、確認を取りながら進めていくことが大切です。

そして料理を選ぶポイントとしては、寿司やピザなど皆でとりわけやすいもの、
オードブルといった見栄えのあるもの、主役が好きなもの
といったラインナップが一般的です。
また、お酒を注文するケースも多く乾き物や揚げ物といったおつまみになる
ようなケータリングも人気です。

立食での送別会は、席の移動がないため気軽に話をすることができます。
主役を囲んで昔の話に花をさかせたり、思い出話をするのにもおすすめです。
アットホームな雰囲気を出すことができ、温かく見送ることができます。

贈答品を準備する

0409 03 幹事さん必見!【気持ち良い送別会】にするために
送別会の最後に退職者から挨拶を頂戴するのが一般的です。
退職者は、入社時代の話や在職中の苦労話や経験談を含めたスピーチを
行い、社員への感謝を述べるでしょう。

スピーチが終わると直属の部下や上司から、贈答品をおくります。
この時に、退職者への感謝のスピーチがあればさらに思い出に残る送別会になるのではないでしょうか。

幹事は事前に、退職者の近しい社員にお願いをして準備をしておくことが大切です。
また贈答品は花束や嗜好品が多いようですが、異動や転職であればビジネス用品でも良いでしょう。

予算についても、会社や在籍年数によって異なりますので上長と相談のうえ決めることをおすすめします。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする

コメントを投稿するにはログインしてください。