幹事必見!【満足いく歓迎会の準備】に必要なこと


0409_15
春になると入学や入社で新生活がはじまります。
そんな歓迎会の季節に頭を悩ませるのが幹事ではないでしょうか。
誘われて行くと楽しめるのですが、いざ自分が幹事になるとどのようにすすめるとベストなのか悩むものです。
満足のいく会社の歓迎会の準備には、どのようなことが必要なのでしょうか。

歓迎会の日程を調整する

0409_16
人数が多ければ多いほど前もって日程調整が必要です。
会社であれば、社内全体の予定と上司の予定を考慮し、多くの人が参加
できる日程を選びます。

その際は、候補日を4つほど絞り参加者に予定を聞いていくと良い
でしょう。

歓迎会という名目のため、入社日から1ヶ月以内を目安に予定を組むのが
ポイントです。

会場の場所を決める

おおよその人数が決まれば、次は場所決めです。
飲食店であれば仕事終わりに順次合流できるよう、会社から徒歩圏内で集まれる場所がベストでしょう。
もしくは、社内でケータリングを発注し、会議室などを借り切って行うことがおすすめです。

飲食店での歓迎会について

0409_17
 
飲食店で行う場合は、お店を決める際に雰囲気も重視しましょう。
おしゃれで落ち着きすぎているお店や、音楽が響くようなお店は
避けましょう。

店内で見るポイントは、人数分の座敷席があるか、大きなテーブルが用意されているか、といったことを確認しましょう。

料理については、年配の参加者が多ければ和食や創作料理、女性が多ければイタリアンやフレンチなど、参加者によってお店を使い分けるのがオススメです。

予算について、会費制にするのであればコース料理や飲み放題の有無が必須です。
予算内で収められる場所にして、料理も予約しておきましょう。
口コミや評判も考慮しつつ、時間に余裕があれば実際にお店に行ってみるのもおすすめです。

ケータリングでの歓迎会について

0409_18
ケータリングの場合は、場所を選ばずに行うことが可能です。
社内で行う場合には、仕事の途中に抜け出して参加することもできる
ため、より多くの人の参加が見込めるでしょう。

ケータリングでの注文の際には、食べ物と飲み物の予算をたてて発注
します。
食べ物については近年、多種多様の料理があります。
なかでも、オードブルやお寿司、ピザやサンドイッチといった手軽に
つまむことができる料理が人気のようです。

メインに迷った場合には、上司の好みを考慮するのも良いでしょう。
女性が多い職場であればスイーツを入れたり、お酒が好きな人が多い場合には、乾き物などのおつまみを発注するのもおすすめです。
飲み物についても、好みに合わせてお酒とソフトドリンクを発注し当日は並べるだけで会を開くことができます。

歓迎会は、幹事の腕の見せ所です。ぜひ、一人でも多くの社員が満足してくれる歓迎会を行ってくださいね。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

コメントを投稿するにはログインしてください。