営業必見! お客様をもてなす接待時のマナーとは?


0629 04 営業必見! お客様をもてなす接待時のマナーとは?
 
ビジネスを有利に運び商談や契約を成功させるためにも、取引先に対する接待が欠かせないことでしょう。

接待の席での失敗は厳禁です。
相手に気持ちよく帰っていただくためにも、接待時におけるマナーを確認しておきましょう。
 

料理や店は「接待する相手」を配慮して

0629 05 営業必見! お客様をもてなす接待時のマナーとは?
 
接待時には、相手の好みを知ることが欠かせません。
どういった料理が好みなのか、また苦手な食べ物がないかを把握しておきましょう。

苦手な食べ物があった場合、お店に伝えておけばコース料理を予約したとしても安心です。
 
また、お店の場所も大切です。
先方の会社や自宅からは遠すぎない距離であること、個室があること、先方の好みの料理アルコールが揃っていること、などの観点からもチェックするようにしましょう。

そして、お店が決まったら下見をしておきましょう。
お店の広さ、お手洗いの位置、食べ方の確認などをしておくと当日に慌てることも少なくなります。
特に問題が無ければ、お店の方に接待で利用する旨を伝えておきましょう。

当日は接待相手よりも早く自社の人間が先に到着して、下座で待つのがマナーです。

接待中は気配りの連続

接待は仕事です。
お酒はほどほどにして、相手への気配りをすることに神経を集中させましょう。
料理の進み具合、お酒のグラスが空いてしまっていないか、会話は弾んでいるか、雰囲気は和やかか、といったことに気を配りましょう。

もし会話が途絶えてしまったら、気候や趣味、ニュースや旅、テレビや健康、食べ物や住まいに関する話題について質問をしてみましょう。

もちろん、前もって接待相手が好むテーマ趣味についての情報収集をしておくと会話もスムーズになります。
その際は、自分が話すことに重点を置くのではなく、接待相手の聞き役として徹するようにしましょう。
なぜなら、人は自分の話を聞いてくれる人間に対して好意を持つからです。

一方で、支払いは頃合いを見計らってスマートに済ませておきましょう。

次の日にお礼を伝えるまでが接待

0629 06 営業必見! お客様をもてなす接待時のマナーとは?
 
帰る時は、お土産を渡すことを忘れないようにしましょう。
一家の大黒柱をお借りしているため、自宅で帰りを待っている奥さんやお子さんへお土産を用意するのがマナーです。

そしてタクシーを用意した場合は、タクシーに乗り込む前に挨拶を終えます。
そしてタクシーが走り去った後も、姿が見えなくなるまで全員でお見送りして下さい。

そして、翌日にはお礼の気持ちをメール電話でキチンと伝えるようにしましょう。

社会人にとって、接待は避けることができない仕事です。
相手も自社の人間も気持ちよく接待を行えるように、日ごろから周囲に対する気配りをするクセをつけておくのも、接待を成功させる秘訣と言えるでしょう。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする

コメントを投稿するにはログインしてください。