一味違う夜を! 流星群スポットでリフレッシュする方法


0831 05 一味違う夜を! 流星群スポットでリフレッシュする方法

夜の飲み会やパーティーは、非日常的でストレスを解消できる方法の一つですよね。

近年ではさまざまなパーティーやイベントが存在しますが、いつもと一味違う夜を過ごしたいなら、流星群を見にでかけてみてはいかがでしょうか?

今回は、流星群が見れるオススメスポットについてお話します。

流星群が見れる都内近郊のスポットとは

流星群は年間を通して見ることができますが、やはり秋~冬の気温が低い季節の方が空気も澄んでいて星が見やすいです。
しかし、都心やビル街ではネオンの光で視界が遮られ、流れる星を思う存分満喫するのは難しいでしょう。
「流星群パーティー」を行うには、以下のようなスポットがオススメです。

・武蔵の森公園
府中市にある武蔵の森公園は、広々としていてアクセスも便利な絶好のスポットです。
少人数で行けば、都心であることを忘れてゆっくりと羽を伸ばすことが出来るでしょう。
芝生部分も多いので、レジャーシートを敷いて寝転び360度星空に囲まれることもできます。

・夢の島公園
こちらは新木場駅から徒歩圏内にある公園です。
整備も整っていて、障害のない星空を存分に楽しむことができます。
そして、この夢の島公園の最大のメリットと言えばバーベキュー会場としても使用できることです。
美味しい料理を食べながら、空を流れる流星群を眺める時間は至福のひと時であること間違いなし。

・石神井公園
埼玉と東京から近い石神井公園は、アクセスしやすく終電も遅いオススメのスポットです。
風致地区に指定されている地区の公園で、豊かな自然が残っている公園でもあります。
大きな湖もあるので、流星群を見る際にも流れる星たちが水面に反射するのを見ることもできます。

・貸し切りできる屋上
大人数で流星群を楽しみたい場合は、貸し切りできる森ビルなどの屋上を使用するのも良いでしょう。
バーベキューと合わせて楽しむもよし、しっぽりとお酒を楽しみながら見るもよし、360度星空に囲まれながらリフレッシュすることができます。

流星群を見る時に持っておきたいアイテム

0831 06 一味違う夜を! 流星群スポットでリフレッシュする方法
流星群は、午後7時~午前2時の間にピークを迎える場合が多いです。
夜は急に買い足しが必要になっても必要なものが売っていない場合も多いので、以下の持ち物を持参しましょう。

・カーディガン
・使い捨てカイロ
・レジャーシート
・ミニ懐中電灯
・双眼鏡

以上のものを持っていれば多少の気温の変化や座る場所が無くても対応できますし、双眼鏡を持っていれば肉眼で見れない星たちもしっかりと見ることができます。
また、飲食のできる場所で流星群鑑賞をする場合は、少しリッチなケータリングなどで贅沢な夜を過ごすのもオススメです。

2015年秋冬の流星群で最も近いのは10月にあるりゅう座流星群とオリオン座流星群です。
どちらも夜~明け方の発生が予想されているので、防寒対策をしておくことをオススメします。

気候によって肉眼で楽しむことができるかは左右されてしまいますが、天気予報をチェックして「流星群鑑賞会」の予定を立ててみてはいかがでしょうか?

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。